介護福祉士のワーキングスタイル

介護福祉士のワーキングスタイル

HOME ≫

介護福祉士のワーキングスタイル

介護福祉士のワーキングスタイル

介護福祉士のほとんどが女性で、まさに女性のための仕事といった感じですね。男性の介介護福祉士のほとんどが女性で、まさに女性のための仕事といった感じですね。男性の介護福祉士は、そのほとんどが介護施設の正職員として勤務しているようですが、女性は正職員もいれば派遣やパートなど、さまざまな雇用形態です。

正職員として勤務している人は、給与に加えて年2回のボーナスが支給されます。また、経験年数によっては、昇給によって給与が上がります。パート職員として働く場合は、時給または日給といった形で給与が支給されます。

介護施設の種類や規模により、介護福祉士の勤務時間や残業、休日などの勤務条件にはさまざまな違いがあるようです。老人ホームや老人保健施設のように、高齢者の入所者がいる介護施設では、24時間体制で介護ケアをしているため、夜勤や残業をすることもありますが、正規雇用だけでなく、非常勤での雇用も増えているので、とくに残業や夜勤を希望しない場合は、日勤のみの働き方もできます。

これから高齢者の数はますます増え続けることと思いますが、高齢者を支える若い世代の人の割合が減少しており、2025年頃には65歳以上の高齢者の数が3500万人以上に増加するものと見込まれていることから、介護福祉士のニーズは今後もさらに高くなります。
介護福祉士実務者研修